仕事を辞めたい!看護師の向き不向きについて!

看護師を辞めたい!?看護師の向き不向きについて

 

今、看護師として働いているものの「もう仕事を辞めたい!」となっている人は、一度職場の向き不向きについて考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

ではそもそも看護師の仕事に「向いている」「向いていない」なんてどうやったら判断できるのでしょうか?

 

 

恐らく、看護師として「向いていないのでは…?」と悩んでいる多くの人が看護師1年目や2年目といった人たちのはずです。

 

なぜなら(これは看護師という仕事に限りませんが)本当に看護師に向いていない人が、看護師として働くのは非常に辛いことだからです。

 

 

看護師に向いていないということはまさに息をするような感じで”ミス”をしてしまい、患者の命を危険にさらしてしまったり、もしくはまったくやりがいを感じられないため、精神的に病んでしまったり…。

 

こんな看護師として向いていない人たちでも、1年や2年は耐えられるかもしれません。ですが、時間が経つにつれてそういった人たちは自然と限界がきて看護師という仕事から離れていくものです。

 

 

なので3年、4年と長く働いているうちに本当に看護師に向いていない人は自然に淘汰されていきます。言い方を変えると、看護師に向いているか向いていないか悩んでいる人は1年目や2年目の人に多いです。

 

 

では看護師に向いているのかいないのか、今すぐ判断するにはどうすればいいのでしょうか?判断すべきポイントはいくつかあります。

 

 

例えば看護師という仕事に向いている人の特徴として…

 

  • 休みの日でも自然と仕事のことを考えてしまう
  • 同僚や上司からなぜか褒められることが多い
  • 仕事は大変だが、やりがいを感じる

 

といった点が挙げられますでしょうか。仕事にやりがいを感じられるというのは非常に大きな「向いている」と判断できる一つのポイントでしょう。

 

人間やりがいを感じられなければどうしても何かを続けることはできないからです。また仕事にやりがいを感じていれば、自然と休日も仕事のことを考えてしまうかもしれません。

 

回りの同僚や上司の方があなたの仕事の適性を見極めるのには適しています。回りの人間の方がより客観的にあなたという人間を観察できますからね。

 

 

逆にこういったポイントと反対の人は仕事に向いていない可能性もあります。例えば…

 

  • 休みに仕事のことなんて考えられない。休み明けの時はいつも憂鬱
  • 同僚や上司からダメだしされることが多い
  • 仕事にやりがいなんて感じない。お金のために働いているだけ

 

 

特に「やりがいを感じない」というのは致命的な問題ではないでしょうか。仕事を通して「自分は誰かの役に立てているんだ」という感覚を持っていれば、かならずやりがいを感じられるもので、そんな感情が沸かないということは「看護師なんて別にどうでもいい仕事」ぐらいに考えているのかもしれませんね。

 

そしてやりがいを感じられないからこそ「休みに仕事のことなんて考えられない」し、やりがいを感じられず能動的に動けないからこそ「仕事中に回りの人間からダメ出しされる」そんな悪循環に陥っている可能性もあります。

 

 

ただ、ここでややこしいのが「キャパシティーオーバーの仕事内容だから」こそ、やりがいも感じられず休みの日に仕事のことなんて考えられない。回りの人間からもダメ出しされる、というパターンもあります。

 

例えば、いわゆる「ブラック病院」というやつでしょうか。こういった病院で働いているとやりがいをもって仕事に挑むのも難しいはずです。

 

ブラック病院に転職しないために注意すべきポイント!

 

 

ブラック病院に関しては上のサイトで紹介されていましたので、よければ参考にして頂ければと思います。

 

 

なのでもしこういった病院で働いている場合、あなたは看護師に向いていないから辞めたいのではなく、「環境」が原因で看護師を辞めたいと考えているのかもしれません。

 

この場合、環境を変えればもっと生き生きして働くことができるようになる可能性があります。

 

 

看護師1、2年目の体験談について

 

ちなみに、他の看護師さんは1年目、2年目はどうやってやり過ごしたのでしょうか。以下にある看護師さんの体験談を掲載していますのでよければ参考にして頂ければと思います。

 

【1年目体験談】わたしが看護師1年目を乗り越えれた理由

 

 

結論

 

結論としまして、もし「今の病院は職場環境として素晴らしい。回りの人間は優しいし、サポートもしてくれる。残業時間もほとんどなく、生活に困らないだけの十分なお金がもらえる」にも関わらず、「毎日辞めたいとしか考えられない」という場合。

 

それはあなたにとって看護師という職が本当に向いていないのかもしれません。

 

 

ですがもし「回りの人間は意地悪な人ばっかりで誰も仕事をサポートしてもらえず、残業時間は多いしい給料は安い。職場の人間関係はいつもギスギスしている」なんて職場で働いている場合。

 

それは看護師という仕事自体があなたに向いていないのではなく、「あなたが働いている職場があなたにそう考えさせている」のかもしれません。

 

 

そんなときは一度真剣に看護師としての転職を考えて頂ければと思います。

 

 

追伸

 

ちなみにですが、最近の看護師さんは転職サイトを利用して転職するのが一般的になっているようですが、転職サイトを利用したトラブルも増えています。

 

転職サイトを利用しての転職を考えている場合、ぜひこちらのサイトで紹介されている転職サイトの注意点を熟読してから転職サイトを利用して頂ければ幸いです。

 

看護師向け転職サイトで騙されないためには!?

 

 

追伸2

 

さらに追伸ですが、もしあなたが「やっぱりどう考えても看護師は私に向いていない!」と結論付けたものの、「次にどんな仕事についていいのか分からない…」と悩んでいる場合。

 

向いていない「看護師」という仕事に就いたのだからこそ、「次こそは自分に向いている職業に就きたい!」と考えるのは当然の考えですよね。

 

 

ただ、実際に仕事に就く前にどの仕事が自分に本当に向いているのか判断するのはやっぱり難しいです。ですが、世の中にはこういったサービスも存在します。

 

自己分析・適職発見プログラム | R-CAP

 

 

リクルートが提供している有料の適職診断プログラムです。有料というだけあって、かなり事細かくあなたの適性を診断できますので、「今度こそは!」と考えている人は一度利用してみてください。

 

以上。「看護師向いてない…」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。